当農園の原木しいたけ栽培セットには4種類があります。(栽培セットBは販売休止中です。)

それぞれ、少しづつ違う点がありますので、ここにまとめます。

種類 お届け後の扱い しいたけの収穫時期 ホダ木の寿命(最大) 備考
栽培セットA 打撲浸水の必要なし 1回目(もしかしたら2回目も)収穫は夏や冬でもでも可能(工夫が必要)、(2)3回目以降は主に春と秋 お届け後2年くらい 室内でも工夫知れば栽培可能です。

1回目の発生のみ、打撲浸水の必要はありません。2回目以降の発生は、打撲浸水が必要です。

それ以外は、Cと同じ

栽培セットB 打撲浸水の必要なし 晩秋から翌年春頃

ただし、寒すぎるとしいたけの成長が遅い。

収穫量は、桜の咲く時期が最も多い。

お届け後、5年以上が可能(太い方が寿命が長いかも) 晩春~初秋までは、しいたけの収穫はできません。

雑木林の中のように「雨が当たり、直射日光が当たらず、湿度の高い場所」が必要です。

室内ではできません。

栽培セットC 打撲浸水が必要 栽培セットAと同じ 栽培セットAと同じ Aとの違いは、お届け後、1回目の発生で打撲浸水が必要なことです。

室内でも工夫すれば栽培可能です。

2回目以降の発生でも打撲浸水が必要です。

栽培セットD  

打撲浸水の必要なし

栽培セットAと同じ 栽培セットAと同じですが、最も短いかもしれない。 初心者向けお試しセット
ホダ木長さ約45cm、細目
室内での栽培が簡単

それ以外は栽培セットAとおなじです。
工夫することにより、Aセットと同じような椎茸が収穫できます。

お客様のお好みに合させて、ご注文をお願いいたします。